ジョイントマット人気通販 | ジョイントマットワールド:赤ちゃんマット、振動・防音対策ならジョイントマットワールド
<ジョイントマット>
Home > ジョイントマット雑学 > ジョイントマットサイドパーツ(ふち)のメリット

ジョイントマットサイドパーツ(ふち)のメリット

ジョイトマットサイドパーツのメリット

やさしいジョイントマットには、サイドパーツ(ふち)があります。

 

商品によっては、セットになっているものやサイドパーツ(ふち)自体が存在しないものもあります。

 

サイドパーツ(ふち)は、やさしいジョイントマットは、別売りになっています。

 

別売りになっているので、サイドパーツ(ふち)を購入しない方もいます。

 

しかし、ジョイントマットとサイドパーツ(ふち)を一緒に購入するメリットがあるんです。

 

サイドパーツ(ふち)のメリット

ジョイントマットサイドパーツ

ほこりがたまりにくい

ジョイントマットのギザギザをサイドパーツ(ふち)で、まっすぐにすることができます。

 

その結果、ほこりがたまりにくくなるんです。

 

ジョイントマットがまっすぐになる点は、壁にぴったりくっつけたときに効果を発揮します。

 

壁際にギザギザのジョイントマットがあたると、隙間ができます。

 

サイドパーツ(ふち)を使っていると壁にジョイントマットが、ぴったりとくっつきます。

 

そうすると、壁とジョイントマットの間に、ほこりがたまりにくくなります。

 

見た目がきれい

ジョイントマットサイドパーツ2

ジョイントマットのギザギザをサイドパーツ(ふち)でまっすぐにすれば、見た目がすっきりとします。

 

部屋の見た目は、重要ですよね。

 

サイドパーツ(ふち)を使わないデメリット

サイドパーツ(ふち)を使わずに、ジョイントマットをまっすぐにする方法があります。

 

それは、ジョイントマットをカットして使う方法です。

 

ジョイントマットの素材はやわらかいので、はさみやカッターでカットすることができます。

 

しかし、カットするとデメリットになる可能性があるので、おすすめはできません。

 

サイズが小さくなる

ギザギザの部分を切ってしまうと、その分ジョイントマットのサイズが小さくなってしまいます。

 

切らなければ、ぴったり敷き詰めることができる場合は、隙間ができることになります。

 

見た目が悪い

自分でカットをすると、どうしても曲がってしまいますよね。

 

まっすぐにカットできないと、「カットしないほうが見た目がよかった」ということになりかねません。

 

サイドパーツ(ふち)の必要数量

サイドパーツ(ふち)の数は、ジョイントマットを使う枚数によって変わってきます。

 

つまり、部屋の広さによって決まるんです。

 

ジョイントマットとコルクマットでも数量が変わります。

 

ジョイントマット

サイドパーツ数量

 

コルクマット

(レギュラーサイズは、ジョイントマットと同数ですが、ラージサイズの場合は数量が異なるので注意が必要です。)

コルクマットサイドパーツ数

 

まとめ

ジョイントマットのサイドパーツ(ふち)がなくても、問題なく使用することは可能です。

 

しかし、サイドパーツ(ふち)を使うことメリットは、見逃せないと思いませんか。

 

ジョイントマットを使うときは、サイドパーツ(ふち)とセットで使うことをおすすめします。

 

サイドパーツは、値段も高くないので、お得です。

 

ジョイントマットリンクa

ジョイントマットリンクb