赤ちゃんとの生活とジョイントマット(口コミ情報)

ジョイントマット雑学

赤ちゃんの生活とジョイントマット

念願だった赤ちゃんに恵まれましたが、赤ちゃんとの生活は、思っていた以上に大変でした。

 

昼間に何度も泣かれておむつやミルクを与えるのも大変でしたが、夜になっても続きますので、寝る暇などありません。

 

仕事で疲れて帰ってくる主人にもほとんど頼れませんでしたので、一日中、くたくたの状態でした。

 

<スポンサードリンク>


赤ちゃんの成長

しばらくすると赤ちゃんもどんどん成長していき、自分でつかまり立ちをしたり伝い歩きをするようになっていきました。

 

徐々に成長する姿はほほえましくもありましたが、同時にお世話をする負担もさらに増えていったのです。

 

大きくなるにつれ起きている時間が増えてきましたので、休む暇がありません。

 

少し目を離せば、つかまり立ちを失敗して後ろにひっくり返ったり、歩こうとしてこけてしまったりと、危険がいっぱいでした。

 

我が家はフローリングでしたので、つかまり立ちをして後ろにひっくり返ってしまったときには頭を強打してとても危険な状態だったからです。

 

そんな危険な状態では目を離すわけにもいきませんので、家事もままならなければ休む暇などなかったのです。

 

ジョイントマットとの感想

そんな中知ったのが、ジョイントマットの存在です。

 

ジョイントマットはクッション性がありますので、赤ちゃんが転んでもフローリングで転ぶよりも安全性が高くなります。

 

最初は、赤ちゃんがよくつかまり立ちする場所の分だけを購入しました。

 

使っているとジョイントマットの良さを実感して、リビング一面の広さの枚数を購入することにしたのです。

 

結果は大成功でした。

 

変化

 

ジョイントマットを購入する前は、赤ちゃんが転げそうになるたびに、ひやひやしていました。

 

しかし、ジョイントマットがあることによって、ヒヤッとすることが減ってきたのです。

 

実際に、赤ちゃんは、転んでも以前のように大泣きをすることもなくなりましたので、母親としても精神的な負担も減らすことが出来ました。

 

ジョイントマットを購入する前は、赤ちゃんが危険な目にあわないように、危なそうなときにはやめさせていました。

 

それが、赤ちゃんの行動範囲を狭めることになり、ストレスを貯めさせていたと思います。

 

ジョイントマットのおかげで、赤ちゃんを思い切り遊ばせてあげられるようになりました。

 

ジョイントマットは、赤ちゃんとの生活に欠かせない商品になりました。

 

満足しています。

 

(1児のママより)

 

<スポンサードリンク>

おすすめのジョイントマット

ジョイントマットリンクa

ジョイントマットリンクb

 


<スポンサードリンク>


タイトルとURLをコピーしました