脱衣所のバスマットならジョイントマット

ジョイントマット雑学

脱衣所のバスマットはジョイントマット

脱衣所にバスマットは、必要ですよね。

 

お風呂上りは、体が濡れています。

 

バスマットがないと、脱衣所がびちゃびちゃになってしまいます。

 

水分を吸い取ったバスマットは、しっとりしていますよね。

 

使い終わった後は、毎日交換しているご家庭も多いのではないでしょうか。

 

清潔に使うためとはいえ、毎日交換するのは、大変ですよね。

 

もし、毎日交換しなくてもいいとすれば、うれしくないですか!?

 

実は、毎日交換しなくてもいい方法があるんです。

 

答えは、「同じバスマットを何日も使う」では、ありません。

 

同じバスマットを使い続けると、衛生的によくありませんからね。

 

衛生面でも問題がなく、洗濯する必要もないものを使うんです。

 

それが、ジョイントマットを使う方法です。

 

<スポンサードリンク>


バスマットの役割

脱衣所のバスマット

脱衣所の床をぬらさないように、水分を吸い取ることが、バスマットの一番の役割です。

 

ジョイントマットに代えたら

バスマットの代わりに、ジョイントマットを使ったらどうなるでしょうか。

 

ジョイントマットには、防水性があるため、床をぬらしません。

 

この時点で、ジョイントマットは、バスマットとして使うことができそうですね。

 

ジョイントマットにするメリット

1.洗濯不要

バスマットは、使ったら洗濯をしてきれいにしますよね。

 

バスマットに使われている素材は、綿が多いので、水分や汚れが綿にしみこんでいきます。

 

汚れを取るために、洗ってきれいにする必要があります。

 

しかし、ジョイントマットには、綿を使っていません。

 

ジョイントマットの素材は、EVAという素材です。

 

EVAは、ビーチサンダルに使われている素材なんです。

 

ジョイントマットには、防水性があり、多少の水分ならはじいてしまいます。

 

もし、水が染み込んだとしてもビーチサンダルと同じで、干しておけば簡単に乾きます。

 

つまり、ジョイントマットは、バスマットのように毎日洗う必要がないんです。

 

もし、汚れが目立つようであれば、手洗いができます。

 

洗濯するより簡単ですよね。

 

2.防寒

冬にお風呂から上がったときに、バスマットが冷たいと感じた経験はありませんか。

 

一人暮らしや、必ず1番風呂という方は感じないと思いますが、家族で暮らしている人は、冷たいですよね。

 

その理由は、先にお風呂に入った人の水分をバスマットが吸い込んでいるからです。

 

この水分がひえて、バスマットが冷たくなっているんです。

 

しかし、ジョイントマットを使えば、この冷たさからも解放されます。

 

<スポンサードリンク>

使い終わった後で

拭く

ジョイントマットは防滴なので、表面に落ちた水が吸収されずに表面にたまることがあります。

 

よほどびちゃびちゃにしなければ、水がたまることはないと思いますが、もしたまったら拭き取っておきましょう。

 

水が流れて床についてしまったら困りますからね。

 

乾燥

ジョイントマットを使ったあとは、乾かしてあげましょう。

 

ジョイントマットをぬれたままにしておくと、カビが生える可能性があります。

 

乾かす方法としては、壁などに立て掛けておけば問題ありません。

 

乾燥するときに、注意しないといけないポイントがあります。

 

それは、直射日光があたる場所に干さないことです。

 

直射日光で乾かせば、よく乾きますよね。

 

しかし、ジョイントマットを直射日光があたる場所で干すと、変形してしまう可能性があります。

 

変形してしまうと、うまくジョイントできない可能性があります。

 

ジョイントマットを乾燥するときは、日陰干しで十分なんです。

 

まとめ

バスマットの代わりに、ジョイントマットが便利な理由をまとめました。

 

ジョイントマットを脱衣所のバスマットとして使うと、メリットがたくさんありましたね。

 

バスマットを洗濯する手間を省くことができて、しかも冬場は暖かいんです。

 

まだ、使ったことがない方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

バスマットにおすすめのジョイントマットはこちら>>>

バスマット用ジョイントマット

ジョイントマットラージサイズ(ミント)

 

ジョイントマットリンクa

ジョイントマットリンクb

 


<スポンサードリンク>


タイトルとURLをコピーしました