意外に知らない床暖房の種類!赤ちゃんにはどれがいいの?

床暖房の種類 赤ちゃん

床暖房を自分で選んだ人は、どれくらいるでしょうか。

ほとんどの人は、引っ越したときから床暖房が設置されていたんではないでしょうか。

実は、床暖房には、種類があるんです。

部屋についている床暖房の特徴を知らないと、危険な場合があります。

特に、赤ちゃんがいる場合は、床暖房の種類によっては、注意が必要な点があります。

どんな種類があって、どんな特徴があるんでしょうか。

そして、赤ちゃんにおすすめの床暖房の種類(特徴)とはどれなんでしょうか。

<スポンサードリンク>


床暖房の種類

電気式と温水式の2種類あります。

電気式床暖房とは

床の下にある電気ヒーターで、床を温める床暖房です。

温水式床暖房とは

床の下に敷きつめられたパイプの中を給湯器などで温めたお湯が循環して床を温める床暖房です。

電気式床暖房のメリット・デメリット

ジョイントマットのメリット・デメリット

メリット

設置費用が、安いことです。

床に電気式のヒーターを設置するだけなので、費用を安く抑えることができます。

新たに設置する場合には、メリットになります。

また、設置をする場所を、部分的に決めることができる点もメリットです。

必要な部分だけ温めたいときには、とても便利です。

必要のない部分は、温めることがないので、電気代の節約になります。

デメリット

暖まるまでに時間がかかる点が、デメリットです。

しかも、電気代が、比較的高いんです。

また、低温やけどになる可能性がある点も気になります。

特に、赤ちゃんがいる家庭では、注意したい点です。

<スポンサードリンク>

温水式床暖房のメリット・デメリット

メリット

暖まるまでの時間が短い点が、メリットです。

電気式床暖房の場合は、暖まるまで時間がかかりますが、温水式床暖房なら寒さを我慢する時間が短いんです。

しかも、床暖房の費用が安いんです。

また、赤ちゃんのいる家庭にうれしいのが、温水式床暖房は、低温やけどをしにくいんです。

デメリット

設置費用が高いことが、デメリットです。

既に温水式床暖房が設置してあれば、デメリットはありません。

まとめ

床暖房の種類(特徴)を比較して、どの床暖房が赤ちゃんにおすすめなのかを確認しました。

赤ちゃんにおすすめの床暖房は、温水式床暖房です。

電気式床暖房は、メリットがある反面で、デメリットがありました。

しかし、温水式床暖房は、メリットはあっても、既に設置してあれば、デメリットがないのでおすすめです。

特に、赤ちゃんのいるご家庭は、温水式床暖房なら、赤ちゃんが低温やけどの心配が少ないので安心です。

もし、電気式床暖房が設置してある部屋の場合は、ジョイントマットを使えば、低温やけど対策ができます。

赤ちゃんと床暖房を使うときに注意したい点はこちら>>>

床暖房の部屋で赤ちゃんが遊ぶと危険なの?

 

 


<スポンサードリンク>


タイトルとURLをコピーしました