室内犬はフローリングが苦手だと知っていますか

ジョイントマット雑学

室内犬はフローリングが苦手だと知っていますか

お部屋で犬を飼っている人は多いですよね。

 

ペットと一緒だと癒されます。

 

部屋でくつろいでいるときは、足元をクルクル回って遊んでいるのもかわいいですよね。

 

特に、帰ってきた時に、玄関までダッシュで来てくれると最高にうれしいですよね。

 

そんなかわいいワンちゃんは、フローリングの上で生活していませんか?

 

実は、フローリングの上で生活をしていると、大ケガをしてしまう可能性が高いんです。

 

室内犬がフローリングが苦手なわけをご紹介します。

 

<スポンサードリンク>


フローリングが苦手なわけ

犬がフローリングが苦手なのは、すべるからです。

 

犬は、つめで地面をけって走りますよね。

 

フローリングは、地面と違って滑るので走りにくいんです。

 

走りにくいので、犬は、フローリングが苦手なんです。

 

フローリングが起こす悪影響

フローリングは、走りにくいだけではありません。

 

犬に悪影響を与えてしまうんです。

 

その悪影響とは、ケガです。

 

犬が関節を痛めたり、骨折したりする可能性があるんです。

 

ケガをする理由

フローリングが滑って走りにくいのに、犬は、走り回ります。

 

滑らないように走ろうとするために、関節や骨に負荷がかかってしまいます。

 

負荷がかかり続けると、ケガしてしまうんです。

 

<スポンサードリンク>

ケガを回避する方法

ケガを避けるためには、フローリングを滑りにくくしてあげればいいんです。

 

そうすれば、体に負荷をかけずに、走りまわることができますよね。

 

では、犬が走りやすいフローリングにするためには、どんな方法があるんでしょうか。

 

1.コーティング

フローリングを滑りにくいように、コーティングをする方法です。

 

コーティングをするためには、工事が必要です。

 

業者さんに、依頼が必要です。

 

2.カーペット

フローリングの上に、カーペットを敷く方法です。

 

これは、自分で作業できます。

 

3.ジョイトマット

フローリングの上に、ジョイントマットを敷く方法です。

 

これは、自分で作業できます。

 

まとめ

室内犬は、つるつる滑るフローリングが苦手なんですよね。

 

あまり知られていませんが、苦手なフロ―リングで生活すると、室内犬に負荷をかけてしまっているんです。

 

それが、ストレスになっている可能性さえあります。

 

室内犬をケガやストレスから守るために、フローリングの対策をしてあげましょう。

 

おすすめは、自分で作業ができる対策です。

 

カーペットやマットであれば、自分で対策をすることができますよ。

 

<おすすめの理由を知りたい人はこちら>

室内犬にジョイントマットがいい5つの理由

 

ジョイントマットペット

ジョイントマットリンクb

 


<スポンサードリンク>


タイトルとURLをコピーしました