ジョイントマット人気通販 | ジョイントマットワールド:赤ちゃんマット、振動・防音対策ならジョイントマットワールド
<ジョイントマット>
Home > ジョイントマット雑学 > ジョイントマットにコルクが使われる理由

ジョイントマットにコルクが使われる理由

ジョイントマットにコルク

ジョイントマットに使われている素材で多いのが、EVAです。

 

EVAは、やわらかくてクッション性があり、ジョイントマットには最適の素材です。

 

中には、ジョイントマットの中には、表面にコルクが使われているコルクマットがあります。

 

EVAだけではなく、コルクを使っているのは、なぜなのでしょうか。

 

ジョイントマットにコルクが使われている理由をまとめました。

 

コルクとは

コルクマットのコルクとは、何なのでしょうか。

 

コルクとは、ワインの栓に使われているあのコルクのことです。

 

コルクは、コルクガシという木から取ることができます。

 

コルクの特徴

弾力性

弾力性があるので、衝撃を吸収します。

 

赤ちゃんが転んでもコルクの弾力で守ってくれます。

 

防水性

水をほとんど通さないので、子どもが飲み物をこぼしても安心ですね。

 

滑りにくい

コルクには、滑りにくい特徴があります。

 

釣りに使う竿の持つ部分がコルクのものがあります。

 

これもコルクの特性を利用した使い方です。

 

家の中でも赤ちゃんやペットが滑りにくいようにするには、必要な特徴です。

 

まとめ

コルクはジョイントマットに必要な要素を持っているので、ジョイントマットの素材としては適しています。

 

価格が、EVAと比較すると少し割高なのは、コルクが天然の素材だからと考えることができます。

 

コルクの質感が好きな人も多いですからね。

 

ジョイントマットリンクa

ジョイントマットリンクb